FAQ

2020年12月3日

もくじ

新型コロナウィルス感染症関連

店頭営業してますか?

通常通り、営業しています。感染症対策として、新しい店舗営業様式に取り組んでいます。

また、感染症の再拡大をうけ、通勤の回数を減らすために、部分的に在宅勤務をおこなっています。必須ではありませんが、ご来店予約をしていただけると、とても助かります。

フジゲンカスタムハウスについて

定休日や営業時間は?

大まかには、11時~19時の営業です。定休日は、毎週火曜・水曜と、毎月第一木曜、年末年始です。臨時休業をいただく場合があります。

正確な日時は、こちらでご確認をお願いします。

扱っている商品は?

基本的には、自社工場製、自社ブランド(FUJIGEN/FGN)のエレクトリック・ギター、エレクトリック・ベース、アコースティック・ギター、ウクレレです。他、ピックやギター・クロス、弦などの小物もありますが、種類は限定的です。

店に行く前に、事前予約などできますか?

できます。こちらをご覧ください。ご予約いただけましたら、スタッフが手をあけてお待ちします。サッと要件を済ませたい、気兼ねせずゆっくり検討したい場合などに、ご活用ください。

フジゲンカスタムハウスで購入するメリットは?

当店では楽器を1本ずつていねいに販売することに重きを置いています。

スタッフは、全員が一定の修理・メンテナンス技術を保有しています。販売前も、販売後も、その技術をできる限り駆使して、お渡しする楽器にご満足いただけるように努めています。

特にアフターサポートには力を入れており、売って終わりではなく、長く製品をお使いいただけるように、ご購入いただいたあともサポートいたします。 楽器を長く良い状態で使い続けるための秘訣は、こまめなメンテナンスです。

カスタムハウスのオンラインストアの特徴は?

入荷のたびに、撮影し、重さをはかって更新していることです。木目や重さなど、オンラインストアでご覧いただいた楽器そのものをお届けします。楽器を1本ずつ丁寧に販売することに重きを置いています。

東京・池袋の店舗にあるギターそのものを、オンラインストアで販売しています。できるかぎり良い状態でお届けできるよう、ご注文頂いたあと、出荷の直前にも最終の検査や調整を行い、発送します。

クレジットカードは使えますか?

ご利用いただけます。くわしくは、こちらをご確認下さい。

新規購入について

フジゲンのギター/ベースの良さは何ですか?

私見では、木部が頑丈なことです。壊れにくく、良い状態を維持しやすいと感じています。上質な木材と、60年にわたり蓄積された製造技術によるものでしょうね。

楽器の土台となる木部の丈夫さ、壊れにくさは、販売する立場としてもとても信頼しています。交換可能なパーツはあとからどうにでもできますが、木部が不安定だとどうしようもないですし、そういうものを販売するのは怖いですからね。

その分、音が硬いといわれることもあるのかな、と思いますが、細かなことを気にせず多少ラフに使っても良好な状態をキープしてくれることのありがたみは大きく、そこがフジゲンの楽器の良さだと思います。

初期仕様の弦のゲージは?ゲージを変えてもらえる?

初期仕様では、特に記載がない限りダダリオ社製の弦です。エレクトリック・ギターは0.010~0.046、4弦ベースは0.045~0.105、5弦ベースは0.045~0.105 + 0.130、です。それ以外のものは、商品ページの仕様表の下の方に記載いたしますので、ご確認下さい。

ダダリオの09-42、09-46、10-46については無償で交換/調整のうえで納品できます。それ以外の弦の場合は、追加料金(弦代)を頂きますがご対応可能です。お気軽にお問い合わせください。

新品を買ってすぐにネックが反るのは、おかしくないですか?

ない方が良いですが、実際にはよくある、ふつうのことです。ギターのネックが木材でできていることが原因ですので、完全に防ぐことはできません。

温湿度など環境の変化と、特に新品の楽器は弦が張られてからの時間が短く、弦が引っ張る力の影響も受けやすようで、お店からお客様の環境へ移ったタイミングでネックが反ることがよくあります。反って、調整して、また少し反って、微調整して。と数度繰り返すと安定していく場合がほとんどです。

毎日大きく反りが変わるような場合は異常があるかもしれませんので、ぜひ、みせてください。

保証はつきますか?

フジゲンカスタムハウス(東京・池袋)の店頭/電話注文、フジゲンカスタムハウス・オンラインストア、でご購入いただいた場合、当店にて保証対応をいたします。

保証期間は1年で、そのあいだは基本調整は何度でも無料です。特に問題がなくても、年に数回、季節の変わり目くらいに1度見せて頂いて、微調整することで、楽器の状態が落ち着いていきやすいと思います。

【MODIFIED】と書いてあるのは何ですか?

新品を、当店スタッフが改造した製品です。ギターを日々眺めていると、ふと、こういう風に改造したい!こうしたほうが魅力的なはず!と思うことがあります。ピックガードやノブの色を変えたら、フレットを変えたら、ピックアップの種類を変えたら、など、いろいろですが、それを実際に形にしたのがモディファイ品です。

改造にあたっての大きなパーツ代は上乗せになっていますが、工賃は半額になっています。フレット交換など、メンテナンス料金が高額な改造がされているほど、お得ということになりますね。

ねじなどの小さなパーツ交換であれば、パーツ代も工賃も0円にすることも多いですし、最終的な値付けの際に端数を切り捨てていますので、客様からご依頼いただいて改造するよりも、必ずお得な価格になっています。

また、作業期間やパーツの取り寄せ期間、改造ご依頼の手間などが省略できるのが、大きなメリットだと思います。

基本的に当店からご提案するものですが、スタッフに「こういうモディファイしないの?」と言っておいていただくと、そのうちそういうのが出てくることがあるかもしれません(お約束はできませんけど)。

【OUTLET】と書いてある製品は、新品?中古?保証は?

新品です。保証もつきます。

アウトレット品は、演奏性や耐久性などに問題のない、何らかの小さな不具合がある新品です。内容として多いのは、ちょっとした塗装の傷や割れや汚れ、金属パーツの傷、くすみ/くもり、です。

楽器の性能には影響ないものの、外観上、新品として販売するには心苦しい製品を、アウトレット品として、少し値下げして販売しています。

アウトレットの理由になっている点については保証対象外ですが、それ以外の、例えばネックが反ってきた、ということ等については、通常品同様に保証対応いたしますので、ご安心ください。

取り置き(キープ)はできますか?手付金など必要ですか?

通常品は1週間、セール対象品は3営業日、お取り置きいたします。手付金などは必要ありませんが、お名前とご連絡先を伺います。

ご希望の場合は、電話もしくはメールにてご連絡ください。キャンセルももちろん可能ですのでご連絡ください。

FUJIGENブランドとFGNブランドの違いは?

「FUJIGEN」は、1)オリジナル・シェイプ、2)オーダー品や特別モデルなど1本単位で製作している、の2つを満たす楽器につけるブランドです。 フジゲン株式会社では、使用木材の基本的な品質が高めだと思いますが、さらに厳選された木材が使用されます。

「FGN」は、同じ仕様でまとまった本数を製造する量産品につけるブランドです。価格帯に見合わないような高品位な木材を使用し、長野県内の自社工場で組み立てを行っています。

返品はできますか?

原則、できません。

初期不良や運送事故などの場合は、納品から7日以内にご連絡頂いた場合に限り、楽器の状態を確認させて頂きます。

海外への発送はできますか?

できません。転送業者等の倉庫への発送も行っていません。

また、当店では国内でのご使用を前提に販売を行っており、各種輸出規制対象の素材等を含む場合がありますのでご了承下さい。

トレモロ・アームを差すところに貼ってあるシールは何ですか?

当店では、 NST/NCYなど、シンクロナイズド・トレモロ仕様のモデルには、お渡し時に「トレモロ・アーム・テンション・スプリング」という長い名前の短い黒いバネをアームの穴に入れて納品しています。

アームの位置を好きなところに半固定できる便利な小道具です。当店独自のサービスとして付属しています。だって、便利ですから。

納品時に、トレモロの穴をシールでふさいであるのは、そのスプリングが落ちないようにするためです。割と紛失しやすいものなので、お気を付けください。(EOSなどには、必要がないので付属しません)。

セミオーダーについて

オーダーするのが不安です。

そうですよね。しかし、当店では500本は軽く超える受注/製作実績があります。経験のある、製品に詳しいスタッフがご対応致しますので、ご不安な点があればお気軽にお尋ねください。また、店頭にお越しいただくことができれば、オーダーご希望のモデルを実際に見て弾いてから、ご注文いただくこともできます。

セミオーダーは何ができるのですか?

セミオーダーできるのは、EXPERT OSEXPERT FL、の2機種です。

ボディの色、ピックガードの色、ピックアップ配列、すこしのパーツ、くらいをWeb上で選択できます。文字にすると少なく感じますが、実際に組み合わせてみると、けっこう悩むくらいの広さがあると思いますよ。

また、当店経由であれば、選択肢にない特別仕様での製作もうけたまわります。

オーダー時に、ロゴの指定はできますか?

できません。 申し訳ありません。

パーツの持ち込みはできますか?

ギター/ベース用として一般的に市販されているペグやピックアップ、ノブ、弦などといったパーツのお持ち込みはうけたまわります。

フレットなどの一部の部品では、作業性の面でこちらで用意したい、という場合があります。そういう場合は逆に持ち込むと高くつく場合もあります。くわしくはお問合せください。

持ち込まれると当店が儲からないから嫌だ、ということはまったくありません。

対応できない仕様はありますか?

24フレット仕様、スケールの長さ変更、スキャロップ加工、ネックシェイプの微調整、フロイドローズ系ロッキングトレモロ搭載、ピックガードの形状変更、ロゴ変更、などは、よくご質問を頂くご対応できない仕様です。

リユース(中古)について

購入した場合、保証はつきますか?

楽器本体について、1年間の保証がつきます。消耗部品(電気系のスイッチやジャックなど)は対象外ですが、楽器本体の基本的な調整については、保証期間中は何度でも無料です。ギターケースは保証対象外です。

壊れやすいですか?

消耗品の交換時期が近いかもしれない、ということはありますが、木が割れるとか、曲がってしまうというような、大きな破損については、新品同様に起こりにくいとおもいます。消耗品もできるだけクリーニングし、交換した方が良いものは交換してから販売しています。

弾きにくい、音が悪い、などはありますか?

ないと思いますし、万が一そういうことがあれば、商品個別に記載します。当店で、きちんとクリーニングと調整を行い、新品を販売するときと同じかそれ以上の時間をかけてから販売していますので、楽器の演奏性能については新品と大きく違わない場合がほとんどだと思います。

中古品のメリットはなんですか?

一番は、新品と比べると価格が安い、ということだと思います。また、個体差が大きく一概には言えませんが、ギター/ベースは弦が張られている時間が長いほど、状態が安定していく傾向があると思いますので、中古品の方が、新品のギターと比べると、状態は安定している場合が多いと感じます。

中古品のデメリットはなんですか?

販売前に必ずクリーニングしますが、それでも多少の傷やこすれなど、使われた跡が必ず残ります。また、消耗する部品が故障するタイミングが、新品よりは早くやってくる場合が多くなると思います。

お店に行けないんですが?

配送(非対面)での買取/下取りもご対応しています。こちらをご覧ください。

ギターやベースの寿命はどのくらいですか?

ケース・バイ・ケースです。が、それではあんまりなのでイメージとして、常識的な使用で数年ごとにメンテナンスをすれば、FUJIGEN/FGNブランドのエレクトリック・ギターの木材部分は50年は使えると思います。ギターの歴史を振り返れば100年でももつ気がしますが、100年という時間を実感をもって語ることはできません(自分が70歳くらいなったら語れるようになるかもしれません)。

消耗が比較的早いのは電気関連の部品(ボリュームや、スイッチ、ジャックなど)で、数か月~数年で交換が必要になる場合があります。大切に扱っても短期で不具合がでたり、雑に扱っても長く使えたり、なかば運を感じます。

あとは、フレットやナットという、弦とこすれて摩耗する部品も消耗品ですが、こちらは5年くらいはもつのかな、と思います。これらは使用頻度、弦を押さえつける力の強さで消耗具合は大きく変わります。

楽器を長く良い状態で使い続けるための秘訣は、とにかく、こまめな状態確認とメンテナンスです。

メンテナンスについて

FenderやGibsonなどの他社製品にも対応できますか?

対応していません。基本的にフジゲンの自社ブランド品(FUJIGEN,FGN等)のみについて対応しています。サークルフレット(CFS)のフレット交換については、ブランドを問わず対応します。

定期的にメンテナンスに出した方がよいですか?

楽器を長く良い状態で使い続けるための秘訣は、こまめな状態確認とメンテナンスですので、出していただくに越したことはありません。

しかし、不便なく使えていれば、あまり神経質に気になさらなくても良い思います。弦高が高く/低くなった気がする等、何かおかしいと感じたら見せてください。状態が良くないまま放置すると、直しにくいクセがついて修理代が高くなることや、当店ではご対応できなくなることもあります。

当店の保証期間中は、何度でも無償で基本調整をいたしますので、ぜひ、ご活用ください。

作業期間(預かり期間)の目安は?

状況や具体的な内容により、かなり変動しますのでお問合せください。下記は、おおざっぱな目安です。

【数日~2週間】久々の基本調整、木工の必要がないパーツ交換(ピックアップ交換など)

【2週間~1か月】ナット交換、フレットのすり合わせ、ピックガード製作、小さな塗装修正

【2か月くらい】塗装作業のないフレット交換(ローズ指板など)、木工をともなうパーツ交換、広範囲の塗装修正

【3か月くらい】塗装作業のあるフレット交換(メイプル指板など)

ピックガードの色やレイアウトを変えられますか?

変えられます。こちらをご確認ください。

修理とは違うのですか?

「修理」というと大破した楽器の修復作業も行いそうな印象になると思います。当店では楽器の状態の維持、保守を中心に行っているため、メンテナンスとしています。価格表にない内容は、原則ご対応いたしかねます。

よくお問合せいただく、ご対応いたしかねる内容としては、色の塗り替え(リフィニッシュ)、ネックの形状変更(リシェイプ)、ネック等の木部折れ/割れ、コンター加工のような大きな木工、などです。

ギターの塗装面の拭き方について

当店では ラッカー対応のギタークロスと、ラッカー対応のポリッシュを使用しています。

拭きとる面積がごく狭い場合は、軽い力でから拭きします。広い範囲を拭く場合は、クロスにポリッシュを少量とり、軽い力でなでるように拭き取ります。

要領が分かっていれば、塗装の仕上げの種類を問わず、このように拭いて問題はないと思います。ポイントは、力を入れて汚れを一気に取ろうとせず、なでるように何度も軽く拭くことです。

指板オイルを塗る頻度は?

指板面に塗装がある場合は必要ありません。塗装がない場合は、状態によりますが、年に数回で十分だとおもいます。見た目に乾燥してきたら、さっと軽く塗って、しっかり拭き取ってください。適度なツヤ感がある状態が維持しましょう。自分のギターだと、年に1度塗るか塗らないか、です。

化粧品のテレビ・コマーシャルにみる お肌の手入れは、乾燥は敵!とにかく保湿!肌の奥まで浸透!みたいな感じですが、指板は、乾燥してきたら表面を適度に保湿、くらいで良いとおもいます。木材が乾燥した状態で楽器は製造されており、湿らせすぎて木材の硬さや寸法等に変化がでるのは望ましくありません。

パーツの持ち込みは対応していますか?

ギター/ベース用として一般的に市販されているペグやピックアップ、ノブ、弦などといったパーツのお持ち込みはうけたまわります。

フレットなどの一部の部品では、作業性の面でこちらで用意したい、という場合があります。そういう場合は逆に持ち込むと高くつく場合もあります。くわしくはお問合せください。

持ち込まれると当店が儲からないから嫌だ、ということはまったくありません。

その他

OEM生産品について質問があります。

ルール上、OEM業務についてはお答えできません。

また、そういった情報は当店には入ってこないので、本当によくわかりません。

レジ袋は、1枚いくらですか。

2020年7月のレジ袋有料化にともない、当店ではレジ袋を全廃します。といっても、近年はほぼ使用していませんでした。

あまりご迷惑はお掛けしないかと思いますが、ご了承ください。

Posted by neo