Item

当店に在庫しているギター/ベースの各モデルに、当店スタッフの個人的見解ですが、特徴をみじかくまとめてコメントをつけてみました。

状況別、各スタッフのおすすめモデルもご紹介しています。楽器選びの参考になればうれしいです。

まず、フジゲン製品の特徴は?

フジゲン製品に共通する良さは、私見では、木部が頑丈なことです。壊れにくく、良い状態を維持しやすいと感じています。上質な木材と、60年にわたり蓄積された製造技術によるものでしょうね。

楽器の土台となる木部の丈夫さ、壊れにくさは、販売する立場としてもとても信頼しています。交換可能なパーツはあとからどうにでもできますが、木部が不安定だとどうしようもないですし、そういうものを販売するのは怖いですからね。

その分、音が硬いといわれることもあるのかな、と思いますが、細かなことを気にせず多少ラフに使っても良好な状態をキープしてくれることのありがたみは大きいと思います。また全体的に、音に引き締まった感じ(タイトさ)があるのも特徴だと思います。(neo)

FUJIGEN(ブランド)

主に1本単位でつくり上げられる、特別な楽器に付されるブランドです。厳選に厳選を重ねた木材を使用し、特別な工程でつくりあげられます。フジゲン株式会社の社名を使用しているところからも、力の入り具合がご推察いただけるかと思います。(neo)

VIRTUOSO シリーズ

最高峰の楽器です。これ以上はありません。最上級の木材を贅沢に使用し、手間暇をかけてつくり上げた、特別に特別な楽器です。同じものをつくりたくても同等の木材が無いくらいの希少材を惜しげもなく使用した楽器が多いです。定期的な製造は行っておらず、ある時にしか無い、幻級の逸品です。(neo) 在庫一覧>>>

EXPERTシリーズ

伝統的なギターの古き良き部分は色濃く残しつつ、現代的な要素も取り入れて再構成された、扱いやすく安定感の高いギターです。チューニング等の安定感の高さと、生音で弾いても楽しめる木材らしい素朴な響きの、バランスの良さが特徴です。厳選された良質な木材、信頼性の高いハードウェアと電装パーツが使用されています。(neo)

EXPERT OS

ストラト系を進化させたデタッチャブル・ギター(ボディとネックがねじ止め)です。チューニングの安定感が高く軽いタッチのトレモロと、ふわっと膨らむような柔らかな生音が特徴です。

手元のスイッチングで多様な音色が簡単に切り替えられ、幅広いジャンルの音楽に対応できるオールマイティなギターで、1本持っておくととても便利です。柾目材という希少かつ安定性の高いメイプル材でネックがつくられているのも見逃せません。(neo) 在庫一覧>>>

EXPERT FL

レスポール系を進化させたセット・ネック・ギター(ボディとネックが接着)です。レスポール系の良くも悪くもごつごつした感じ(持った感じも、弾いた感じも)が適度にほぐれており、本格さは失わずに、格段に扱いやすい、良い具合にバランスの取れたギターです。

セット・ネックかつハムバッカーのギターは、不要な低音が出過ぎる、という見方も一部であると思いますが、フジゲン製品らしいパリッと感もあって、適度なタイトさも備えています。(neo) 在庫一覧>>>

FGN(ブランド)

FUJIGENブランドの楽器は基本的に1本単位での製作ですが、FGNブランド製品はある程度の数量をまとめて製造(量産)される楽器につけられるブランドです。ただそこには60年にわたる技術の蓄積があり、必ずしも品質が劣るわけではありません。その一方で価格は大幅に下がり、高いコスト・パフォーマンスを誇ります。(neo)

Eシリーズ

古き良きという感じの雰囲気があるFUJIGENブランド・モデルと比べると、より現代的といいますか、無駄を排して効率的に合理的に道具としてすぐれている、という方面に寄った感じの、全体的にパリッと引き締まった感じの楽器です。(neo)

EOS

重さのあるブリッジ・ユニットが、音色や弾いた感じのパリっと感に、もっとも影響していると思います。ネック・ジョイント部のボディ木部が薄いなど、より高い演奏性を念頭に研ぎ澄まされたギターです。

ミニ・スイッチが2つ(コイル・タップと、ブリッジ側ピックアップからの強制ダイレクト出力)並んでついており、手元で簡単に多様な音色を切り替えることができます。(neo) 在庫一覧>>>

EFL

重さのあるFGNオリジナルのテイル・ピースが使用されており、音色や演奏感に特徴を持たせていますが、この部品はもう一つ特徴があり、ボディの表/裏の2通りから、弦の張り方を選ぶことができます。

ボリュームとトーンが1つずつに、3ウェイのセレクターというシンプルなコントロール構成です。低音のブーミーさがあまりなく、抜けが良く力強いハムバッカー・サウンドが特徴です。(neo) 在庫一覧>>>

ERS

ダブル・カッタウェイのセット・ネック・ギターです。FGN EFLと同じテイル・ピースで、音色の感じはFGN EFLと似ていると思います。こちらはジャンボ・フレット仕様で、軽いタッチで速弾きしたりする際には、こちらが向いているように思います。

アーチ・トップのラインが独特で美しいです。(neo) 在庫一覧>>>

EMJ

力強い低音の、パッシブ・ベースです。重さのあるFGNオリジナルのブリッジ・ユニットが使用されています。

ワイド・レンジで整った音像、発音の明瞭さ、低ノイズさで、「アクティブ?」とお尋ねいただくこともあります。アクティブのようなクリアさと、パッシブならではの自然さの兼ね合いが丁度よいベースです。(neo) 在庫一覧>>>

Masterfield シリーズ

いわゆる、箱もの、の楽器です。特に記載がない限り、トップ板は合板ですが、その分といいますか、これまでにトップ板の強度不足による不具合などは見た記憶がありません。長く安定的に使用できる箱ものをお探しの方におすすめいたします。(neo)

MFA

16インチの、フル・アコースティック・ギターです。トップ板はスプルース、サイド・バックは美しいカーリー・メイプルです。すべて合板ですし、木材構成だけ見ると音が硬そうな気がしますが、実に箱鳴りが豊かです。ギターの構造としては良く鳴り、木材構成でタイトさもある、という感じがします。

ハムバッカーが2つのタイプと、フローティングのミニ・ハムバッカーのタイプ、の2タイプがあります。(neo) 在庫一覧>>>

MSA

日本人の体格を考慮して設計された、セミ・アコースティック・ギターです。独自の形状・サイズ(15インチ)、独自の構造(サイド&センターブロックの一体構造)で、軽く、扱いやすく、弾きやすいギターに仕上がっています。

ギター・アンプにつながずに、かるくじゃら~んと鳴らすだけで、ぶわ~っと音が周りに広がり、ゆたかな音量が得られ、アコースティック・ギター風の醍醐味も味わえます。(neo) 在庫一覧>>>

J-Standardシリーズ

国産で、この仕様で、この価格で、良いのだろうか?、と販売している立場からは、思わされることの多いシリーズです。こだわりと割り切りのメリハリをつけ、豪華スペックとお手頃価格を両立しています。

ヘビー&ラウドな方面にフォーカスした楽器がそろっていますよ。(neo)

JOS

EOSをデザインの基本にした、幅広いジャンルで扱いやすいモデルです。木材やパーツを変更したことで、お求め頂きやすくなっています。多くのギタリストに愛用されている、セイモア・ダンカン製のピックアップを標準で搭載しています。(alc) 在庫一覧>>>

JFL

ボディ・トップ面のアーチ(丸み)を無くして、平らにしているのが特徴です。EFLと比較すると、重量が軽いものが多く、取り回しの良さや、低音をおさえてスッキリとしたサウンドが魅力です。(alc) 在庫一覧>>>

JIL

テレキャスター・タイプを連想させる、フジゲン・オリジナル・モデル。アクティブ・タイプ(電池駆動)のハムバッカーを搭載したハードロックやメタル向けのものと、伝統的な2シングルのモデルがあり、どちらも人気です。(alc) 在庫一覧>>>

JMY

リバース・ヘッド、アーチトップ・ボディ、24フレット、少し広がったデザインのダブル・カッタウェイとフジゲンの中では、なかなかに個性が強い楽器です。低ノイズかつ高出力なピックアップを搭載していて、特にハイゲイン・サウンドを使用したいギタリストに好まれています。(alc) 在庫一覧>>>

JMJ

EMJを基本にしたモデルです。絶妙なオフセット・ボディによる、構えた時のバランスの良さをしっかりと継承しています。リア・ピックアップがハムバッカー・タイプで、ハードなロック系のサウンドにも対応できます。JMJは5弦ベースも扱いやすく、人気です。(alc) 在庫一覧>>>

JMP

高出力なピックアップを使用した、パワフルな楽器です。2個搭載しているため、意外と音作りも出来るのですが、やはりシンプルに、ギターサウンドに負けないような、力強い演奏をしたい方におすすめです。(alc) 在庫一覧>>>

Neo Classicシリーズ

良いものは時代に流されず、残り続けますね。エレクトリック・ギター/ベースの誕生からほどない頃に登場し、その完成度の高さから今でも多くのプレイヤーに支持される、クラシカルなギターやベースが多数あります。

そのような時代の風雪を耐えたクラシカルなモデルを基本として、新しい時代の感覚や要素を織り込んだ、古くて新しい楽器をご用意しています。(neo)

NST

一番の特徴は、体にフィットして弾きやすいボディ形状でしょうか。いろんな使える音色を手元のコントロールで簡単に切り替えることができる点も、ストラト型が多くのギタリストを魅了してきた理由でしょうね。

マグナムロック・2点支持のトレモロ・ユニットなど、新しい時代の要素が盛り込まれており、より扱いやすくなっていると思います。上位(NST2)/標準(NST1)、SSS/SSH、ロング/ミディアムなどなど、いくつかのバリエーションがあります。(neo) 在庫一覧>>>

NTL

かつては、テレキャスター型は玄人好みで、どちらかというとマイナーな機種でしたが、昨今では幅広い方々から支持を得る人気モデルになりましたね。人気の理由は、ストレートで個性的な、ジャキーンという音色にあるようにおもいます。

上位(NTL2)/標準(NTL1)、アッシュ/アルダー、ソリッド/シンライン(空洞あり)などなど、いくつかのバリエーションがあります。(neo) 在庫一覧>>>

NLP(NLS/NLC)

レスポール型は、セット・ネック構造で、2つのハムバッカーを搭載した、本格的なギターです。本格派ならではの、エネルギー価が高い感じの、重厚で力強い音色が特徴です。

各ピックアップ個別のコイル・タップ機能などが盛り込まれています。上位/標準、スタンダード/カスタムといったバリエーションがあります。(neo) 在庫一覧>>>

NJB

2つのピックアップに対して、2つのボリュームと、1つのトーンで音色をコントロールします。モワ~っとした音から、カリっとした音まで出すことができ、幅広いジャンルの音楽に対応できるのがジャズ・ベース型の魅力です。

トーンのつまみがスイッチ(プッシュ/プル)になっていて、より太いシリーズ(直列)サウンドも出せるのが、FGN NJBの特徴でもあります。上位(NJB2)/標準(NJB1)メイプル/ローズウッド、アルダー/アッシュ、4弦/5弦といったバリエーションがあります。(neo) 在庫一覧>>>

NPB

NJBと比べると、より太く、より低く感じられる、腰の重い低音が特徴のプレシジョン・ベース型です。JB型は割とエッジのきいた目立つ音色ですが、こちらは縁の下の力持ちといいますか、陰ながらしっかりと低音パートを支える感じのモデルで、良い楽器なんですよ。

伝統的なPB型と比べるとナット幅が2ミリほどせまく、にぎりこみやすくなっています。太い低音が特徴ではありますが、フジゲン製品らしいパリッと感のおかげで、適度なタイトさもあります。(neo) 在庫一覧>>>

アコースティック系

AG (FGN Acoustic)

ピックアップ(L.R.Baggs Anthem SL)搭載のアコースティック・ギターです。シダー・トップ/マホガニー・サイドバックと、スプルース・トップ/ローズウッド・サイドバックの2種類があります。スプルースはひとつひとつの音が立ち、シダーは適度につぶれてまじる感じがします。個人的には、シダーでコードをサラっと弾くのが気持ち良と思います。

ボディ・トップ板の長さや幅はドレットノート系の、ボディ全体の厚みはO系のサイズ感です。スケールは648mmで、ドレットノートやOMなどに近い設定です。ざっくり、ボディが薄く抱え込みやすいですが、十分なサイズがあり、音も伸びやか、という感じのギターです。(neo) 在庫一覧>>>

※ピックアップ非搭載モデルは生産が終了しており、在庫限りのものもあります。※

FUS (FGN Acoustic)

単板のハワイアン・コアを使用した国産ウクレレです。サイズが小さい順に、ソプラノ、コンサート、テナーの3種類があります。一番人気はコンサートですが、歯切れよく快活なソプラノ、伸びやかなテナーも良い楽器です。

木材の品質、ふくらんだボディ・バックのつくり込み、美しい装飾のヘッドやブリッジなど、入荷してきて撮影するたびにお値段以上すぎるの品質だと、いつも思わされます。弾いた感じも音が飛び出す感じで元気が良く、壮健なウクレレです!(neo) 在庫一覧>>>

Pupukea (Pupukea)

単板のマホガニーを使用した国産ウクレレです。FUSよりもシンプルなつくりで、その分、よりお手頃な価格です。ウクレレと言えば、普通はこういうのを指しますよね、という基本的な楽器です。

外観も音色も、昔ながらの素朴な味わいがあります。(neo) 在庫一覧>>>

当店オーダー(限定)おすすめ品

当店限定販売のギター/ベースをご用意しています。当店のスタッフが企画したもので、当然、強い思い入れがあり、おすすめのモデルです。基本的に少量生産ですので、在庫があるうちにご注文ください。

EEL

セット・ネック構造、ダブル・ロッキング・トレモロ搭載で、フレイム・メイプルの美しい木目が映えるギターです。ダブル・ロックのギターは、当店ではこちらのみの取り扱いです。

高出力ながら、音が太すぎずエッジの立った音色が特徴のピックアップを搭載しています。ふか~く歪ませたオーバードライブなサウンドをお楽しみください。(neo) 在庫一覧>>>

MSA

ホワイト・エボニー材を使用したセミアコです。(neo) 在庫一覧>>>

NCY

ミディアム・スケールで、ボディもスリムで手軽さを強調したくなりますが、実際にはけっこう本格的な弾き応えのギターです。かわいらしい特徴的な形状もあり、飛び道具感があるかもしれませんが、予想外の良いギター感があり、おすすめです。

2つのピックアップのキャラの違いが立っていて、シングル・コイルのものだと、ストラト系のネック側、テレキャス系のブリッジ側、と2度おいしい感じがします。(neo) 在庫一覧>>>

NST

イメージとしてですが、ストラト型は平均的な西洋人の体形にあったサイズ感で、平均的な日本人には大きいのではないでしょうか。ボディもネックもダウンサイズしたミディアム・スケールのNSTの方が、多くの日本人に適した弾きやすいサイズなのではないかと思います。軽めなことが多いのもうれしいところです。

NSTのミディアム・スケールはレギュラー商品としてもあるのですが、当店ではよりたくさんのバリエーションをご用意しています。(neo) 在庫一覧>>>

NLE

レスポール・スペシャル・タイプです。マホガニー材がボディ/ネックに使用されたセットネック構造に、P-90タイプのピックアップが2つ付いています。ダブル・カッタウェイ仕様で、高音域フレットまで指が届きやすいですよ。

P-90は、根強い人気のあるピックアップですが、その理由はよくわかりません。だって、ノイズ・多いですよ?交換したくても互換性とかないですよ?高さの微調整とかしにくいですよ?コイル・タップとかそういうの出来ませんよ? ただ、独特な無類のカッコいい音なんですけど。(neo) 庫一>>>

スタッフおすすめの楽器

1)~4)の状況別に、当店で販売している楽器の中から、スタッフおすすめの楽器と理由をご紹介します。

1)できるだけ安くできるだけ良いものをお探しの方に、2)高額でも本当に良いものをお探しの方に、3)こういうのも意外と良いですよ、というご提案、4)自分で購入するなら。

alcの場合

1)NJB10RAL

フジゲンのジャズベースタイプの基本とも言えそうなモデルです。価格と比べてみて、楽器としての仕上がりがとても良いと感じています。木材やパーツなども、長く使用出来るようなものが選ばれていますので、ベース初心者の方にも、経験者の方にも、魅力を感じて頂けると思います。

2)Virtuoso FL/5AFM-ATMH/KY

当店でオーダーした特別なギターなのですが、私が個人的に好きな仕様で製作することが出来た商品のため、愛着があります。

特に気に入っているのはカラーリング。塗装担当者に相談して、調整しながら塗ってもらいました。こういった繊細な色合いは再現が難しく、木材も本当に希少なものを使用していますので、同じものは作れないかもしれません。

3)JIL72

6弦ギターをドロップチューニングにして使用するのが好きだったため、7弦ギターは食わず嫌いをしていたのですが、慣れてしまうと、とても良い楽器だと思いました。

ドロップチューニングと違い、レギュラーチューニングの曲はそのまま弾けて、より低い音も使えるというのが良いです。JILの7弦は弾きやすいだけでなく、他の人とかぶりにくく、カッコイイデザインが好きです。

4)JMJ5

パワフルでありながら、スッキリと聞きやすい音が好みです。ライブでも使いやすいと思いますが、個人的には自宅で弾いたり、録音用に使用したいですね。

NJB5と迷ったのですが、ハードなギターと一緒に使うので、ハムバッキングピックアップが使用出来るこちらを選びました。

nogguの場合

1)NTL10

当店で取り扱っているフジゲンのオーソドックスなテレキャスター・タイプ(NTL)の中では、お求めいただきやすい価格設定です。それでも、スムースグリップや、コンパウンドラディアス指板など、20(上位)シリーズにも採用している仕様がしっかりと盛り込まれており、個人的にお値段以上にご満足頂けるモデルだと思います。

2)CNTL20RRW-NTF

楽器を構成する木材を、ほぼ全てローズウッドという材料で作り上げたオール・ローズ・テレキャスター・タイプです。現在ご案内しているNTLシリーズの中では飛びぬけて高額ですが、これだけの品質の木材は、中々ご用意できるものではなく、かなり希少です。このギター独特の絶妙に甘い響き方がたまらない楽器です。

3)EXPERT OS/5AFM/BS

店頭オーダーで我々スタッフがコンセプトを決めて、ご用意させて頂いたEXPERT OSモデルもおすすめです。特にこのモデルの様に通常オーダーでも受け付けていない特別な木材などを使用していたりと、全く同じ仕様では、そうそう出てこない。特別な1本という感じがまた良いですね。

4)NPB

もちろんそのまま使用して良いのですが、個人的には色々と自分好みにカスタマイズ(改造)してプレベ・タイプを使いたいと思っています。カスタマイズするにあたっては、楽器自体、土台がしっかりしていないと、思うような仕様を盛り込めない場合もありますが、フジゲン製のNPBなら、その辺は安心きるのが良いと思います。

neoの場合

1)NST20

最初にこういう伝統的で基本的で高グレードのギターを持っておくと、長い期間にわたってパートナーになってくれますよ。他のギターに目移りせず、結果的に安くつくと思います。手が大きくない方には、小ぶりで軽量な、ミディアム・スケールのものがおすすめです。当店で最もお買い得なギターだと個人的に思います。

迷ったのはFUSのウクレレですが、NST20にいたします。

2)Virtuoso FL/HK-ATMH/NT

たいへん高額なギターですが、素晴らしいです。見た目もそうですが、弾いた感触が他のギターにはない弾力感といいますか、独特な柔らかさが感じられます。入れ子構造も関係していると思いますが、コア材の響きが大きいように思います。とにかく、上質さを感じる良いギターです。

迷ったのはレッドウッドのOSで、あの弾いた感じの軽やかさは素晴らしいです。VFLが売れてしまったら、こちらにします。

3)CNCY

個人的に好きなモデルです。ミディアム・スケールで、ボディもスリムで手軽さを強調したくなりますが、意外とけっこう本格的な弾き応えの良いギターです。2つのピックアップのキャラの違いが立っていて、シングル・コイルのものだと、ストラト系のネック側、テレキャス系のブリッジ側、と2度おいしい感じがします。

4)MFA-FP/JN

頑丈で、よく鳴る、という点が素晴らしいと思います。ハムバッカー仕様も捨てがたいのですが、アンプにつないで弾くことがあまり多くない個人的事情からすると(多くの方はそうじゃないですか?)、より生鳴りが楽しめる、こちらのフローティング仕様のが欲しくなります。

さいごに

みじかいコメント付けを心がけたものの、ずいぶん長いリストになってしまいました。あれこれ検討するのも楽しい時間ですので、おおいにお悩みいただくための一助となればと思います。

さて、こちらのページの記載内容は当店スタッフの個々人の見解で、何かを代表するような公式なものではありません。店頭や電話等で他のスタッフがここの記載と違うことをお話することもありますので、ご了承ください。

記載内容はできるだけアップデートいたしますが、古くなってしまっている個所があるかもしれません。不審な点がありましたら、お問い合わせ下さいますようお願いいたします。

Posted by neo