日々の生活と、エレクトリック・ギター

私は市井のギター愛好家である。と見栄をきってみましたが威張るようなことではなく、バンド活動をするでもなく、定期的にスタジオに通って音を出すでもなく、日々の隙間の時間に自宅でエレクトリック・ギター(以下、EG)を楽しんでいます。

弾くことも好きですが、EGの独特な外観が好きで、自宅の壁にぶら下がっているのを見るだけで、気分が上向きます。

MSAセミアコ。
セミ・アコースティックのMSAモデルです。これをかっこいいと思わない人がいるのだろうか、と思えるほどのかっこよさです。http://www.fujigen-customhouse.jp/shopbrand/007/X/

楽器メーカーで勤務していると、バンドとか音楽活動とかしているんですか、とおたずねいただくことがありますが、僕はまったく活動していません。

お店で業務として出力チェックのためにアンプにつないで音を出しますが、一旦職場を出れば、アンプについないでギターを弾くことはほぼありません。自宅ではEGをよく手にとりますが、もっぱら生音で弾いています。

日々の生活の中で、ギターとどう付き合っていくかというのは、人それぞれですね。バンドやユーチューバーやライバーなどのように表現を見てもらいたいという場合もあれば、仲間内でワイワイやりたい、路上で流したい、などなどいろいろなケースがあると思います。

僕の場合は、自宅で気分が赴くままにポロポロ弾いたり、その時々に頭の中を流れている歌のコードをネットで調べて弾いたりしていることが多いです。そういう時にギターという楽しいものがあってよかった、弾けてよかった、としみじみ感じることがあります。

人に聞いてほしいのではなくて、自分に対して弾いているようなものなので、大きな音量は必要なく、EGの生音で十分に満足しています。そういう使い方なので、EGであっても生音は重要だと思っており、当店での取扱モデルだと、TL、NTL-SH、EXPERT OSあたりが好みです。

ずらっとならぶNTL-SHと、NTL。一番手目の、S字のような形の黒い切れ込みがあるギターがセミホローでSHです。Sじゃなくてf字孔といいますけどね。http://www.fujigen-customhouse.jp/shopbrand/022/X/

エレクトリック・ギターというと、機材を用意して、常にケーブルをつないで弾かなくちゃ、という気がして、おっくうに感じる面があるかもしれませんが、実際には本体だけあれば十分に楽しめますよ。

2019年から、エレクトリック・ギターをはじめましょう。生活の中にみずみずしさや、うるおいを感じられる時間が増えると思いますし、何より楽しいですよ!

ってなことで、今日はこの辺で。

2018年の営業は、本日で終了となりました。ありがとうございました。

新年は1月4日の11時半から営業します。

おすすめの、EXPERT OSモデルです。万能型で使い勝手の良さが特徴です。生音もやわらかで心地よいですよ。http://www.fujigen-customhouse.jp/shopbrand/026/X/

Blog

Posted by neo